社内への導入順番

いきなり全社に導入するのが難しそうであれば、まずはまずは営業さんに対して導入してみては如何でしょうか。
パソコンを使うでしょうから、抵抗は少ないと思います。

スケジュール機能は重宝します!

外出も多いでしょうから事務の方とのスケジュール共有も活用できます。
担当が外出中の時にお客様から電話があっても、スケジュールを確認することで正確な情報を返すことができます。
場合によっては電話があったことをメッセージで送信しておけば、相手が読んだかもわかります。

日報より案件の情報を詳しく記録してもらえばどうでしょう?

毎日の日報の代わりに案件情報をこまめに更新するルールとしては如何でしょうか?
日報だと「行動を監視されているようで嫌だ」と思われる方が多いようです。
思い切って日報は止めて、案件情報を更新してもらうルールにしてはどうでしょう?

営業さんは結果で勝負です。

新規案件の数、受注した件数で評価できるようになればいい方向に変わるかもしれません。

案件を営業部内のコミュニケーションツールとしてご利用下さい

管理者は担当者毎に「受注」「失注」になっていない案件の進捗状況を確認することが簡単にできるようになります。
案件の進捗を見て、クロージングに向けた効果的なアドバイスができます。
担当者毎の受注金額もグラフ化して見ることができます。受注予算目標を達成できそうか確認することが簡単になります。

提案しても失注が多い担当者に向けては、案件情報を見ながらどのようにすれば受注に繋げられるか、
担当者とミーティングができるようになります。話の持って行き方が急ぎすぎなのか、提案資料がお客様の心に響かないのか等担当者の弱みを一緒に軌道修正しては如何でしょうか。

顧客チェック機能もお役に立ちます!

44a6ac991a45708a5e4ac8919d890fdb

担当しているお客様の中で、なかなか伺うことのできない所を見つけることができます。
導入した製品の調子を確認すると同時に何か困っていることがないか聞いたり、新製品の説明をさせて頂くのはどうでしょう?
取引があるお客様なので、話は聞いてくれるはずです。

営業さんに「使える」と思ってもらえた所で、離れた事業所の人たちやお客様の所に行くことが多い部署の人たちに使ってもらってはどうでしょう?
無料試用期間もありますので、ぜひはじめてみて下さい!

>>営業会議の見直し