社内の情報共有もVSS Boardにおまかせ下さい!

スケジュール

お客様先への訪問日や社内会議のスケジュール、納品日等、日々の活動を行う上で「忘れていけないこと」を記憶しなければいけませんが、全て記憶するのは無理があります。
そこでスケジュールとして記録することで、うっかり忘れを防ぐと同時に、組織内で、誰が / いつ / どこで何をしているのかを共有することができます。他の人が会議の参加者のスケジュールを見て日程を調整することや、営業がどこを訪問するか事前に確認することができます。

週間の予定だけでなく、その日の予定を見ることもできます。
day

ある人の月次スケジュールも確認することができます。
month

営業で行動する予定をスケジュールとして登録しておけば、「完了して日報登録」ボタンをクリックすることで簡単に日報の登録を行うことができます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-06-14-09-31

メッセージ

外出中のスタッフにお客様から電話があったことを伝えるのにご利用いただけます。
電話メモを机の上に置いておくよりも、スタッフの少しの空き時間で確認することができ、お客様をお待たせすることが少なくなります。
メッセージを読んだかもわかるので、伝える側も「読んでくれた」ことを知ることができます。

また、社内の連絡事項が何でもかんでも「メール」だと受信Boxがいっぱいになってしまいませんか?
組織内でのメールの代わりにお使い頂けます。返信の代わりにコメントを登録することで、どの話題だったかをすぐに確認できます。

1a6cdce8144ab9b8936933a4db691977

102243aae460459ca23571a8332c1a2c

お仕事してる中で、ちょっと部内の人とだけやりとりしたい…なんてこともあるハズです。
メールだと見たかどうかもわかりづらい…。
そんな時、「メッセージ」機能をご利用下さい。
宛先に設定された人としか見られないメッセージでやり取りできます。

部下が抱えている問題を一緒に解決する為のきっかけ作りにも使えます

部下の感情をケアすることも上司の大事な仕事のひとつです。
「何か困っていることはない?」
「行き詰まってることとかない?」
「何か問題があれば、どんなことでも言ってみて」
のような問いかけを部下にすることで、抱えている問題を口にしやすくなることでしょう。
ですが、人がいる所ではちょっと言いづらいこともあるはずです。
そんな時、VSS Boardのメッセージでこっそりやりとりしてみて下さい。
口では言いづらいけどスマホからなら伝えられることもあるかもしれません。

電話や紙の代わりに

VSS Boardは社内だけでなく、インターネットに接続できれば「いつでも、どこからでも」情報を見ることができます。
例えば、問題がなければ外出先から日報を登録して直帰するような、「日報提出の為だけに帰社する時間」を他のことに使うことができます。
急に朝一番でお客様の所に向かう必要がある場合、その旨スケジュールに登録しておき直行することで、他の人は「あぁ、お客様の所に直行しているのか」と状況を確認することができます。

「いつでも、どこからでも」情報を見ることができるので、『ちょっとした空き時間』を有効に使うことができるようになります。

例えば日報は、「報告したけど見てもらえないから意味が無い」と思われているかもしれません。
VSS Boardで日報を管理することで、通知が送られてきますし、紙よりも見やすくコメントを残しやすくなるので、「見てもらえない」というストレスは軽減します。
報告を受けた側は「見たよ」の意味も込めて『ちょっとした空き時間』にコメントを残すことで、お互いの意思疎通をVSS Board経由で図ることができます。

もちろん、実際に顔を見て話をすることも重要です。ですがVSS Board上の日報を見ておくことでお互いの前提条件を理解した上で話しをした方が、「そもそも」の説明をする必要がなくなるので、会話の内容を意味のあるものから始めることができます。

>>自分宛ての情報は見逃しません