お客様への提案内容はここにあります

お客様に見積もりを提示した等のタイミングで「案件」として登録します。
ExcelやPowerPointで作成された提案書や見積書も案件に含めて登録することで、資料もまとめて管理することができます。
お客様に最終的に提出した資料だけ記録しておけば、「どの見積を最終的に出したんだっけ?」と探す必要が無くなります。

もちろん画像ファイルも添付できるので、見積に必要な、作業場所や設置場所を撮影して案件と一緒に登録することができます。

特別値引きをした場合、その理由も合わせて記録しておくことで、後から「この時だけ大幅値引きしたのか」思い出しやすくなります。
(お客様から「以前はもっと安かったはず」と聞かれても理由を答えやすくなります)

登録された案件はステータスが「受注」「失注」になるまで更新します。
案件の状況が進む度に更新していきます(ex. 提案書・見積提出、条件変更による見積修正、値下げ交渉による見積修正等)。

失注した案件も消す必要はありません。
今後の提案の参考にしたり、場合によっては「提案しても時間ばかりかかるお客様」という判断に使用することができます。
全て今後の判断材料として使える情報です。1件もムダなものはありません。

項目も自由にカスタマイズできます

anken-format

文字を入力する項目よりも選択式の項目の方が、パソコンが不慣れな方でもデータを登録 / 検索しやすくなります。
検索条件とする項目も設定できるので、案件のステータス、担当者、金額で絞り込んで一覧表示することもできます。
営業会議でプロジェクターにこの画面を表示することで、紙の資料を印刷して用意する必要が無くなるかもしれません。

anken-search

また、管理者権限を持つユーザの場合、Excelで出力もできるので、まだ確定していない案件一覧を出力し、営業会議の資料とすることも簡単にできます。

貯めた情報をグラフで確認もできます

案件の項目を集計し、グラフ表示することができます。
毎日の活動を案件情報に登録することで、数字として簡単に結果が見られるようになります。

graph

グラフに出力する条件の設定を1回だけすることで、誰でも1クリックでグラフが表示されるようになります。
graph-setting

>>Excelで共有しているものは全てVSS Boardへ!