毎日の報告はここに記録するだけで済みます

  • 案件にはならないが訪問したお客様先で受けた相談内容や見聞きしたこと(営業)
  • お客様の機器メンテナンス内容(サービスエンジニア)

等、毎日の活動内容を「日報」として報告できます。

日々の報告をVSS Boardの日報に置き換え、報告日ごと / お客様ごとに登録することで、

  • 担当者(報告者)が何をしてきたのか
  • お客様に何をしてきたのか

を共有しやすくなります。

写真データも合わせて記録することができるので、紙の報告と違い後から見返した時にイメージしやすい、修理箇所の写真を含んだ報告データを共有することができます。
営業ではなくても、営業のネタになりそうなこと(買い替えを検討している / あのメーカーのサービスに不満を持っている)があれば、一緒に登録しておき、営業と共有することで、会社全体での営業活動に繋げることができます。

探すのに時間を取りません

  • 報告日(期間)
  • 報告者
  • ユーザグループ(部署)
  • キーワード(日報の登録内容の中から検索)

を検索条件とすることで、

  • 昨日の自分のグループの日報
  • ある営業担当の1週間分の日報

等、見たい日報を絞り込んで確認することができます。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-06-10-05-05

日報のフォーマットを複数持つことができます

部署ごとで日報の報告内容が変わることもあると思います。そのような時のためにVSS Boardでは、日報のフォーマットを

  • 営業用
  • サービスエンジニア用

のように複数持つことができます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-06-9-52-06

それぞれのフォーマットで項目を設定することができますので、既にExcelで管理している場合でも項目を合わせやすく、現場も無理なく登録できます。

お客様に関する情報は社内で共有しましょう!

サービスの方がお客様先に訪問した時に、「こんなことに困ってた」「新しい機器が欲しそうだった」等、
お客様の情報を日報で営業担当の方と共有することで、翌日営業担当がすぐに訪問して案件に繋げる…
そんな会社全体で営業する体制をとることもできるかもしれません。

営業側からアプローチすると「何か売りつけられるかも」と思われがちですが、
サービス側からアプローチすると立場が変わるからか、提案を受け入れてもらえることが多い気がします。

1人でお客様に営業するのではなく、複数人で提案してみる、というのも営業がうまくいくコツだと思います。

>>お客様への提案内容はここにあります