お客様や案件のことは担当に聞かないとわからない

日々の業務の中で、

  • いつ
  • 誰が
  • どのお客様の
  • どの案件で
  • どのような動きがあった(結果どうなったか)

を記録することは重要です。

きちんと蓄積・共有し、いつでも活用できる状態にしておくことができれば、「意味のある情報」として会社の財産になります。

担当に任せっきりになってしまうと、担当の思い込みでお客様と話を進めてしまい、
上長やマネージャーがフォローすべき時にフォローできずに失注、ということになりかねません。
その担当者は他のお客様に対して同じ間違いをしてしまうことにも繋がります。

下手をすると「受注したら言えばいいや」と、案件自体の存在も知らされず、失注したことで担当者から闇に葬られる案件もあるかもしれません。
それが受注できれば、売上・利益に繋がった筈です。チャンスロスが発生しても、その事実を把握できないのは会社として問題ではないでしょうか?

また、自分だけ知っていれば良いや、というスタンスで業務をされると、お客様の担当を変更しなければならない時の引き継ぎに苦労します。
記憶を頼りに思い出しながら書いたメモを資料として渡され、「後はよろしく」ということにはなっていませんか?
お客様には全く責任も無いのに、新しい担当者からは「押し付けられた」とマイナスイメージから入りかねません。

このように、担当の主体性のみに頼っていると、「担当個人の思い」が行動の基準になってしまう為、「売上・利益」、「他の社員の会社に対する満足度」を著しく損ねる可能性があります。
その担当者に全て任せるのではなく、退職したり、業務ができなくなってしまった場合のことを考えておく必要があります。

>>お客様に紐づく情報が記録されていない