営業担当とツールの付き合い方

何はともあれ営業さんには、毎日の活動内容である

  • 日報
  • 案件情報

を「お客様毎」に登録して頂く必要があります。

sales-tool

これだけで、

  • 担当者が何をしてきたのか
  • お客様に何をしてきたか

を共有しやすくなります。

管理者(マネージャ・上長)が部下の報告をツール上で確認することで、営業さんは報告業務/資料作成から解放され、営業活動により注力できるようになります。

後からお客様に何をしてきたのか探しやすくなる為、

  • お客様の担当変更
  • 新しく営業が入社した

際に、担当するお客様の情報を引き継ぎしやすくなります。
もちろん、久しぶりに訪問するお客様の情報も確認でき、簡単に思い出すことができます。

>>営業以外の部署とツールの付き合い方